2016年02月16日

うちの子供の甲状腺検査結果

こんにちは

土曜日に子供の甲状腺検査に行ってきました。
放射能が大量に出た時は一番下はまったく予定外。
真ん中が嫁のお腹の中、今中一が、四年?くらいかな?
なので、直接甲状腺に異常をきたす放射性ヨウ素を浴びてるのは一番上の子だけ

前回の検査では全員、経過観察にも入らない、めっちゃ綺麗な状態だった。

さて、土曜日の結果は・・・・・

いっぱい浴びたかもしれない、一番上はまったく問題なし。
真ん中も成長段階によく見られるなんだったか名前忘れてしまいましたが、
しこり?みたいなものはあるが、まったく問題なしの要経過観察

一番下の子、一歳半がなんとのう胞があるといわれかなりショックと、びっくりしたのですが、
話を聞くと、この甲状腺検査で多くの人を見始めたので、どういうものかははっきりとはわかっていないが、
成長段階で伸びている最中に伸びたところに水がたまっている状態でそれだけでは異常(がん・結節)とは言えず、のう胞でなく、結節(結石?ちょっと聞き取りがあまくどっちかわからずすいません)だと言われるとがんの可能性が出てきて、注意が必要との事。

なので、みんな特に問題なし。

フェイスブックで出回ってた関東こども基金での測定で、3割が正常であとの4割は異常と出ていたものが、実はこののう胞の状態が多いとの事。
なので、これをアウトとするのか、それとも成長段階でそのうち消えるものであるならいいのですが、
国がきちんとした、データを全国全員にやらせれば、もっと正確性も増すと思いますが。

まあ、スクリーニング効果というもので患者数が増えてしまうかもですが、ただ、汚染の状況やそれに対する人数をきちんと計算していけば、因果関係はありそうか、なさそうかは絶対に出るだろうけど、国はどうせやらないんだろーなー

この活動をもっともっと広めていけたらと思います。

ちなみに、今は茨城千葉を中心にしており、6月に栃木県でもやるみたいですね。

是非、江戸川区や葛飾区でもやっていきたいと思いますので、応援と実際のお手伝いをお願いしたいと思います。関東こども基金でもかなり人手が足りないと言っておりましたので、是非是非我こそはという方はアクセスしてみてください。


posted by 管理人やまちゃん at 01:41| Comment(0) | 測定所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。