2016年04月15日

測定会 てんぷらBBQでの新しい取り組み

臨海コミュニティ会館で測定担当します

当日にβ線(ストロンチウムがあるのでは?と)の測定もしようと思っています

科学専門家は色々な意見で色々な事をヤジのように言っていますが、その専門家達に文句を言われないようなやり方でストロンチウムが確かにそこにあるかを実際の測定器を使って検証しようと思っています

やり方は
三センチから五センチ程度の鉛で5辺を覆います
検体より五センチ以上離します
最後に一ミリ?程度のアルミ?鉛?を測定器のセンサーの前を遮蔽します
すると、Γ線、α線がこなくなるので、残りはβ線のみになります

さて、その場合、ここら辺でβ線を出すのはあるとしたらストロンチウムしかないので、ほぼストロンチウムという事がいえますので、ストロンチウムがあるとしていきたいと思います

ストロンチウムは測定には下処理しないといけなかったり、測定事態が困難な為、あまり、測定されておらず、食品の測定もあまりやられていないのが現状です

その為、セシウムを少ない食品を選んで食べているのにもっと危険なストロンチウムを沢山食べてしまっている可能性があり、かなり心配しておりましたが、その測定器は0.01 ベクレルまで測定できるとの事、農林相でもお墨付きで採用されている測定器との事

江戸川市民放射能測定所では今後(現在まだ自分だけの構想)、この方法でストロンチウムと断定して、ストロンチウムが多い食品を検証していけたらと考えています



posted by 管理人やまちゃん at 15:07| Comment(0) | 測定所日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。