2017年09月16日

放射線測定器 共同購入にご協力お願いいたします

土壌・食品測定用の放射線測定器のリース明け物件を、17万円で共同購入いたします。もとは300万円。
1口5000円(3回測定タダ付き)、毎年のメンテ費がかかるので、購入後は1回500円で測定できます。是非ご協力お願いいたします。
アドレス sayonara_g_edogawa@yahoo.co.jp 
まで お名前、住所、電話、金額でお申込みお待ちしております。

さようなら原発江戸川連絡会は江戸川区内の各地の、空間線量を測り、身近な放射線量の把握から安全な生活を提案してまいりました。例えば、区内の地上1mの放射線量は、0.14から0.04μSV/hです。多くの場所が0.06μSVほどで、土壌の検体を採取して測ってみると100ベクレル/kgであったり、800ベクレル/kgであったりと、空間線量では実際の汚染が土壌にどれくらい集中してあるのかはわからないようです。
現在、土壌測定でお借りしている機械は、医療機器や放射線測定器を取引している会社の社長から、特別に測定させていただいております。基本的には場所も会社のある虎ノ門まで行って測定させていただいております。その松尾社長から、今回、よそでリースで納めていた放射線測定器が5年間のリース明けで、これを中古で買い取らないかとお話がありました。もとは300万円のもので17万円で、ミリオンテクノロジーズというアメリカの会社の
SPIR-Quantaとう機種で、鉛遮蔽は20mmで、NaI 3×3インチ検出器 パソコン付き
になります。専門性が高くいろいろな用途に使用できるものですが。パソコンが自動的に計算してくれるので、素人でもCs137の測定には十分使用できます。
測定器を皆さんで5000円/一口 で共同購入にご協力お願いいたします。購入後、年1回は校正が必要でそちらで1万円はかかる予定です。
共同購入していただいた分、測定はただにしたいのですが、そのメンテ費がかかるので、1回500円で測定(一般は1000円)、5000円一口につき3回の測定無料券をお付けいたします。設置場所はいまのところ泉福寺の陶芸教室内を予定し、誰でも測定できるようにしたいと存じます。
放射線への危機意識は薄れていく傾向にありますが。被害はこれから長期間に渡り継続します。また次の核惨事が起きる可能性もあります。反核への思いも込めて、是非ともご協力お願いいたします。


posted by 管理人やまちゃん at 11:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。